ラパス 天空の街


天空の街夜9時にラパスについた。ウユニからガタガタ道をぼろぼろのバスではしること12時間! ようやく見えてきた標高3880mのラパスの街はすばらしい夜景。ラパスの街は強烈な盆地だ。山を超えて街に入ると、すり鉢状の街の表面すべてが明かりで素晴らしい。あっけにとられる。今まで見たいろんな夜景とくらべても一番かも知れない。こんな山の上にこんな大きな都市があるとは。朝になって雨が降った。雨はなん日ぶりだろう? イースター島を出てチリ、ボリビアはずっと雨がなかった。砂漠と不毛の山岳平原ばかりだった。体も埃っぽく乾いていた。ラパスの街の空は青い。恐ろしく青い。本当にきれいだ。雨が降り雲があるのでいっそう青さが引き立つ。 ホテルからセントロの広場まで歩く。下り坂なのにつらい。ここは標高3800m、富士山より高い街だ。あたりまえか。ほんとうにふつうの感覚でいると偉い目にあう。帰りの上り坂はほんとうに辛い。でもまちは忙しくて車がおおいけど、優しい人がおおい。近所の食堂に入ったら煮込んだだけとか焼いただけとか素朴な料理がおおい。とてもおいしかった。ほっとした。...つづき一日一万円 世界一周 / ラパス http://hato-s.hp.infoseek.co.jp/photos/lapaz/index.htm

0コメント

  • 1000 / 1000