クラウドエキスポ、ブースのデザインとPRのしかたを見に

クラウドエキスポに行ってきた。目的は、クラウドの動向調査でなく、ブースの観察です。今回はあんまりもりあがった感じが無かった。大手があまり出展してないっていうのもあるけど。それ以上に、同時開催されてたウェブソリューションのコーナーが盛り上がってた。FacebookでのPRを代行する会社がたくさん。驚いた。気になったのを所感だけ。◆サイボウズクラウドサービスとして様々なものを提供してるけどそれ以上にブースの作り方や、メッセージの出し方、説明員の対応など、全体のコミュニケーション(伝え方)が上手だった。
既存のサービスのダサさかげん(サイボウズはそこがいいんだけど)を、全体のデザインの統一でうまく紹介してた。ブースはカフェを模してて、実際コーヒーをタダで振る舞ってくれる。飲みながら話を聞くというスタイル。コーヒー目当ての客に、サービスをどう訴求するのか謎ですが、いろいろな話を聞くのはおもしろかった。すごいよく考えられたサービス群なんだなあ という印象を受けた。思うに「サイボウズって覚えてもらえればそれでいい」っていうのが目的なのかも。
パンフの「残念なクラウド」という文言がキャッチー。パンフの内容は、「実のないクラウドサービスをつかまされないように」的な話。http://catalogcenter.cybozu.co.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=51◆GMO CLOUD「国内最安級宣言!」というキャッチがわかりやすい。小さいブースのお手本のようなつくり。このぐらい割り切ると、ブースが小さいことが逆に生きる。
同時開催のPR関連のエキスポから◆マンガマーケティングこれはおもしろいPR手法。まんがでものごとを紹介すると、クリック率とか滞在時間、訴求が効果的というはなし。
実際、メルマガで【マンガで紹介!】というタイトルをつけると、開封率が飛躍的にあがり、また、開封してマンガがあると、サイトへの来訪率がぜんぜん違うそうだ。→マンガを使ったマーケティングと広告と宣伝 シンフィールド http://www.web-manga.net/?gclid=CNDC-cfcqrMCFUlMpgodQgUACg◆FacebookでのPRを代行する会社がたくさん。驚いた。
◆ゲーミフィケーションとかhttp://www.yumemi.co.jp/service/gamification/キーワードは最近ぽいんだけど、紹介された内容は、ようはサイト回遊にゲーム要素(スタンプラリーみたいな)を加えるってことで、あまりおもしろくなかった。//サイト回遊率は増すだろうけど、コンバージョンに言及してないところが謎。説明の人の話が、説明は丁寧で上手なんだが、的をえない。「誰に対してのどんなソリューションなのか」が、はじめわからなかった。ブース以上に、説明する人のコミュニケーション力は大事。説明力ではなく、来場者が何を求めているのかを察知する力。関係ない相手に、一生懸命かつ流暢に説明されてもなあ。漁師に農機具売ってる人みたいな感じで話が噛み合なかった。しかしだ、こんなかんじで、「一芸訴求」みたいなのが多く、でも、そういうのは印象に残るという意味では成功しているが、期待してる内容と合致するかは別の話。反対に「困ったときのSS1」ブースなんだけど、http://www.dos-osaka.co.jp/ のブース。 →特設サイトはhttp://www.dos-osaka.co.jp/istexsp_121024.html
絵づらの印象はフレンドリーでおもしろいんだけど、結局、利用者が限定されるサービスなのだから、あまり見せ方をフレンドリーにする必要はないんじゃないか? 門外漢の人がたくさん来るとこまるだろうなあ。なんて思う。伝えたい相手に伝わればいいので、ぼくらもブース作るときに、誰に伝えるべきかをよく考えてブースづくりしないといけないなあと感じた。

0コメント

  • 1000 / 1000