新年会の和風シチュー つくり方

新年会のシチューのつくり方を聞かれたので、かいておこう。里芋とカブとこぶだしにトマトかん、それに焼酎と黒ビールというのがミソ。-----------和風シチューの作り方材料煮込む素材・牛にく オーストラリア産とかの安ーい肉。高級肉は意味が無い。・さといも ・かぶ でかいカブがいいが、なければ大根でも。・にんじんその他野菜なんでも。以下のような解けやすい野菜は、あとで入れる・たまねぎ、ねぎ、ピーマン、キノコ類スパイスなど・ローレル 数枚・こんぶ ひときれ(これが和風だしのもとだ)・黒ビール、焼酎、みず・さとうスプーン1 みりん1びょう しおスプーン1 こしょう5ふり みりん1びょう dしょうゆ少々・トマトかん 半分つくりかた■なべをふっとう固い野菜は乱切りして圧力ナベにいれる。さといもは塩でもむ。ぬめりがとれる。さらにぬるま湯に浸し、ぬめりとりをくりかえすトマトかん投入。みずコップ2はい。みじんにしたタマネギやピーマンなどもいれるといい。とけてなくなる。ねぎの青い部分、ローレル、こんぶを沸騰させる前からいれる。沸騰開始。■焼くにんじん、肉に塩こしょうする。てきとう。にんじんを強火でいためる。焦げ目をつけるくらい。肉を焼く。強火でいためる。焦げ目をつけるくらい。焼くときはオリーブオイル。なければバターかマーガリンでも。焼く音がしてる間に焼酎を入れてアルコールを飛ばす。このときものすごい勢いで炎が上がることがあるが、焦らないこと。やいたものをナベに。■なべ沸騰して来たら調味料を さとう、みりん、しお、しょうゆ、こしょう の順で入れる。ほかの調味料はテキトーに。バジルやパセリがあるといい。量はテキトー。焼酎、ビールをいれる。沸騰させてアルコールをとばす。ぼこぼこになるまで煮る。あくはまめにとろう。油は良く取り除くのがポイント。飲んでみて酒臭さがなくなったら本格的に煮込む。味もこのとき整えて。味が濃いときは水 薄いときは醤油とみりん。コクがほしいときはコーヒー。圧力鍋にふたをして中火5ふん>弱火10ぷんくらいか。出来上がって即食べてもうまいが、実は一度冷ますともっとうまくなる。時間があれば。圧力鍋がなければ土鍋でやろう。また違う風合いが。うまいよ。普通の鍋の場合、落としぶたしよう。アルミホイルでかまわない。時間は30分弱火くらいかな。■応用へんこれに市販のカレールーをいれると、うまいカレーになる。2日目に水を足し、カレー入れてカレーうどんもいいぞ。和風が少ないと感じたら、食う前にかつお節をかける。洋風にしたいときは、こぶを入れない。ビールや焼酎のかわりに赤ワインを。白ワインにローズマリーとにんにくひとカケいれると、イタアリアン!その場合、骨付きの鶏肉(手羽元とかクリスマスのやつとか)がうまい。酒をほとんど入れないで、トマトだけで煮てもうまい。

0コメント

  • 1000 / 1000