一眼レフデジカメ買っちゃった!

おととい、一眼デジカメの話をしてて なんとなーくいいなあと思い、 土曜にヒマだったので 「沖縄に持ってく用にカメラでも買うか」なーんて 冷やかしで近所のビックカメラに行ってみた。 一応調べていった。 どうもこの分野のデジカメではEOS KISS が圧勝とのことだ。 http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissd/ぼくが学生のころ、写真の授業では「カメラといえばニコン」の雰囲気。 クラスの大部分のメンバーもニコンカメラで撮ってた。 FM2とか F3とか。マニュアルの名機。 ぼくも当時、F801というオートフォーカス一眼のカメラを バイトして買い、たくさん写真をとっていました。 //フイルム現像して、暗室で覆いやきとかして。紙やきして。。 D76、 ダーマト、イルフォードの印画紙....懐かしい響き。。。 ていねいにとってたなあ。 初めてのヨーロッパ旅行にもこのカメラもってった。 懐かしい。。。ちょうど10年前だ。 で、そんなニコン派のぼくにとって ニコンのD50は気になる存在であった。 http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/digital/slr/d50/index.htm 店でつかってみて、スペックはよくわからないが、実にしっくり来る! 使い勝手やアイコンがむかしと一緒なのだ。 対照的にEOSは、使い方がぱっとわからない。 そんなこんなで、いじってて 店員さんにいろいろ話をきくうちに、欲しくなってしまった。。。 その後、両方の比較の特集を読んだりして やっぱりEOSのほうがスペック的には上みたいということはよくわかった。 しかーし、 絵をみると、いい方はやっぱりニコンなんだよねえ。しっくるくる写真は。 のっぺりした濃くて彩度の高い発色。銀塩のころからかわらないニコンの絵づくり。10年たってもかわらないんだなあと妙に感動しました。 逆にEOSのほうは妙にあっさりしてるんです。絵が。 このへんは好き嫌いなんだろうな。 写真って表現なので、どんな絵にしたいかってけっこう重要だと思う。 ぼくはたぶん濃いメリハリのある発色が好きなんだろうな。 //印画紙もフジよりイルフォードだったし。 いちどは家に帰ったんだが悶々と考え、再度、ビックへ行き 買ってしまいました! D50。 こっちに決めたポイントは、 ニコンのカメラの手触りと、ニコンっぽいダサかっこいいデザイン 駆動時間がすごく長いこと(唯一EOSに勝る点)。 なんかものすごい割り引きしてたのもきめた理由。 レンズと512MのSDカードとセットで9万くらいで買った。 (この日だけ10%引き、古いデジカメ5000えんで下取り、SDカード2000円引き、ポイント10%、ニコンのキャッシュバック10000円) 家に帰って、パシャパシャ撮ったんだが、 これがやっぱりすごーいしっくりくるんです。絵もいい感じ。 しかーも!  昔のレンズ、広角のマニュアルレンズもそのまま使える!  これも予想外のニコンの恩恵。 買って良かった! 取りまくろう。

0コメント

  • 1000 / 1000