オトナポリタン

ナポリタンはロマンである。スパゲティでなくてスパゲティで、イタリアンでなくイタリアンで、日本の洋食でもある。

むかし、青山にあった「CAFE246」にあった「大人ナポリタン」なるメニューが好きだった。隣の「BOOK246」で旅行の絵の作品展をさせてもらった。毎日のように現場に通ってて、訪れてくれた友達とCAFE246で食べたり飲んだりした。そのときに何度も注文したのが大人ナポリタンだった。

宅のオトナポリタンは、その大人ナポリタンのインスパイアである。

「CAFE246」のビルは、もう何年も前に老朽化で無くなってしまった。ふと食べたくなるあの味はもう食べられない。ナスが入っていた。


オトナポリタン つくりかた

・鍋にお湯をわかしておく。

・縦斬り玉ねぎ、豚こまぎれ肉、細切りピーマン、あらみじんセロリ、みじんにんにくを、火をいれてないテフロンフライパンの上に並べる。

//そのほか、ソーセージ、きのこ、ズッキーニ、なす、菜の花、まめ、具はなんでも入れていい。自由である。

・その上に、オリーブオイルと、塩こしょうと、カルディで売ってるイタリアンハーブミックスをかける。

・鍋のお湯が沸いたら、塩ひとつまみとパスタを もう投入。湯で時間8分ー10分ぐらいのスパゲティを使う。

・鍋にスパゲティを投入したら、さきほどの材料並べたフライパンに火を入れて、肉に火が通るくらいまでそのまま放置。

・火が通ったかなーくらいで、このタイミングで一味唐辛子をひとつまみ。その後トングで混ぜて炒める。

・トマト缶4分の一を投入し、煮立ったら、赤ワイン大さじ2。みりん大さじはんぶん。しお小さじ1強。

・しんなりしたら火を止める。

//ワインをのんでしばし待つ。

・パスタがちょいカタになったころに、フライパンの端にケチャップ適量にゅるにゅるーっと。

・フライパンの火を再度入れ、ケチャップをちょい炒める。ぶくぶくするくらいになったら、具と混ぜ合わせる。

・なべからスパゲッティを直接トングでフライパンに入れる。ざるで切ることなく。このとき茹で汁が入っても気にしない。それが重要!

・ぐるぐるまぜして乳化と味馴染ませをする。

・皿に盛り、なんでもいいのでチーズをおろし、胡椒をふり、エクストラバージンオリーブオイルをちょいかける。

完成!

0コメント

  • 1000 / 1000