トマス・サラセーノ展/メゾンドエルメス

銀座のメゾンドエルメスでやっていた「トマス・サラセーノ」展がすごくよかったので、書きます。きのう、九州から仕事できていた長島君と、銀座界隈の「観るべき建築」をまわりながら、観光案内しました。//長島君は、ぼくのラグビーの先輩で、建築士のしげちゃんの会社ではたらく若者です。そんときに、デザイン建築として名高い、メゾンドエルメスを見に行ったんですが、その最上階のギャラリー「le Forum」が、開放的で明るくてかっこいいのでかるーく中を見る程度の感覚で行きました。そしたらこんなインスタレーションが!!かっこいいーー。いままでココで観た展示の中で一番よかったかも!!
この作家、トマス・サラセーノは、もともと建築を勉強してた人みたいでオブジェがとても幾何学的。きれいでした。展示の参考コーナーに、バックミンスターフラーの本もおいてあったから、フラードームとかにも影響を受けたのかも。この作家さん、いろいろ調べたらとても感じのいいインスタレーションをたくさんやってるみたいです。→作品とかの画像いっぱいぜひ!◆よだんメゾンドエルメス、入るの一階の正面玄関からなんで、敷居高いけど、ギャラリーだけでもぜんぜん大丈夫なので、安心して入ってみてください。メゾンドエルメスの中は、全面ガラスブロックなので、とても明るくて幻想的です。エレベーターで最上階まであがるとき、もりあがります。夜もまたきれいみたいです。ギャラリー見終わって、エレベーターで降りた1Fの、洋服もすごく繊細でかっこいいです!あと、エルメスといえばスカーフ。これもディスプレイされてて、ちょっとした作品展のようです。

0コメント

  • 1000 / 1000